So-net無料ブログ作成
検索選択

情報公開 首相が最終判断 検討チームが素案提示(産経新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は20日午前、「行政透明化検討チーム」(座長・枝野行政刷新相)の初会合を開き、行政文書の全面不開示が決定された場合に首相へ報告することを義務づけ、首相の判断で不開示決定を取り消せる規定を盛り込んだ改革素案を提示した。

 素案では、行政機関が不開示決定をする際に、具体的理由を書面で示すよう明記した。行政公開訴訟をめぐっては、不開示決定を下した行政機関に対し、その文書の提出を命令できる権限を裁判所側に付与した。一方、情報公開法の所管官庁を現行の総務省から内閣府に移すよう求めた。

 枝野氏は初会合で、「透明な政府を実現して国民の政治参加、政策立案形成過程の参画を実現できる制度をつくりたい」と述べた。

 検討チームでは、行政刷新会議が新設した「国民の声担当室」で国民の意見を募りながら、6月をめどに情報公開法の見直し案をまとめる予定だ。

【関連記事】
鳩山政権浮上の“切り札”仕分け第2弾、標的は…
23年度の公務員採用、抑制方針で一致
大学入試センターの民営化検討 枝野行政刷新担当相 
情報公開制度見直しへ 行政透明化検討チーム設置
支持率低下は「政権の約束と実行の乖離」前原国交相
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

検討委の結論「遅くとも連休明けに」=諫早湾堤防開門調査で−赤松農水相(時事通信)
【オトナの旅】熊本・人吉(上)米焼酎良し、温泉良し、人情良し…コドモには分からぬ魅力(産経新聞)
橋下知事が阪神高速の料金変更に「自公政権よりひどい」と批判(産経新聞)
胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進−「画期的」専門家ら評価(時事通信)
中学教諭が酒気帯び事故「警察に言わないで」(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。