So-net無料ブログ作成
検索選択

小沢側近中心の教育新議連、予算めぐり仕分けに圧力?(産経新聞)

 民主党有志で教育予算の充実を目指す議員連盟「人づくり・モノづくり・日本の教育を支える会」(会長・海江田万里選対委員長代理)の設立総会が10日、国会内で開かれ、代理出席を含め計113人が参加した。同議連メンバーには、発起人の松木謙公国対筆頭副委員長はじめ、小沢一郎幹事長に近い議員が目立ち、教育予算に関する「事業仕分け」への牽制(けんせい)につながるとの憶測も呼んでいる。

 同議連は、学校教育や大学での基礎的研究、人材育成の充実が目的。松木氏は総会で「この会を圧力団体にしようとは思っていないが、何と言ってもわれわれが一番できることは、予算(の確保)だ」と述べ、行政刷新会議が教育予算に切り込んだ事業仕分けとは逆に、教育予算の拡充を目指す考えを示した。

 総会では、浜田純一東大総長と松本紘京大総長が、教育研究経費が圧迫されている大学教育の現状を説明した。

【関連記事】
行政刷新会議、21年度予算の無駄追及へ
スプリング8運営法人問題 刷新会議がヒアリング実施へ
仕分け対象候補の50法人 行政刷新担当相が公表
学力テスト 民主は政策の誤り認めよ
「事業仕分け」第2弾は4月下旬から 枝野氏が見通し
20年後、日本はありますか?

降雪で倒木…西武秩父線で運転見合わせ(読売新聞)
「散骨の島」ひそかな人気、12人眠る…島根(読売新聞)
長谷川等伯展 1万3553人が訪れ、長蛇の列 東京(毎日新聞)
京都の“ミシュラン三つ星”日本料理店で食中毒(スポーツ報知)
バイリンガルの子 高い会話理解力 京大准教授ら発表(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。